トップ  >  backpacインストール時のエラーについて
XOOPS専用のデータベース操作モジュールで、 MySQLのバックアップ・リストアを行うことが出来ます。バックアップは、サイト全体・モジュール別・テーブル別に行うことが出来、Big Dump対応によりデータ容量が多い場合は複数のバックアップファイルを作成してバックアップを取ることが可能です。

 

 

というモジュール。

手順に沿ってインストールを行い処理をしようとモジュールの操作に移ると、「/modules/backpack/sql/」がありませんとか、書き込み許可されていないなんていうメッセージで息詰まる。

 

いろいろ検索してみて、パーミッションを「777」にするという記載を見つけ、パーミッションを変更。

それでもうまくいかない。

 

xoopsのバージョンは「hd_full_1_0_4」のパッケージ版

 

よくよくメッセージを見れば、「xoops_trust_path/modules/backpack/sql/」ってなっている

もしかしたら・・・と思い、xoops_trust_pathにもUPしました。

よくみろよ・・・と、わが身に問いたいところだけれど。。。

 

そう、難なく解決。無事、バックアップが取れました。

 

親切なモジュールは、フォルダから分けてあるけど、そうじゃないものもあるもんで・・・かなりはまってしまいました。

 

忘れないために、書き留めときます。

 

 

それから、もうひとつ。日本語対応について

 

通常backpackをUTF-8環境下で使う場合管理画面でのbackpackは英語表記になるが日本語にする事が可能ではないかと思い
 

backpack/language/のjapaneseフォルダをコピーし同フォルダに貼り付け
コピー 〜 japanese となったものを ja_utf8 に置き換える

 

 

その ja_utf8 内の
admin.php (euc-jp)
modinfo.php (euc-jp)

(私は、sakuraエディタにて書き換えます)

 

この2つのファイルを文字コード変換できるエディタでUTF-8に置き換える。
読み込み(euc-jp)で保存する際はUTF-8でbom無しで保存します。

 

モジュールをインストール
最初にFTPでmodulesにbackpackを転送

 

次に
xoops_trust_path/modules/backpack/sql を作成
sqlフォルダを読み書きできるようにします。(パーミッション 777)

 

管理画面モジュールのインストールで日本語環境下で利用が可能となります。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:96 平均点:6.35
前
fckeditorのファイルアップロード権限の変更について
カテゴリートップ
Xoops覚書
次
xoopsサーバー移転時の文字化けに悩む
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
リンク集

桂川ミニバスケットボールクラブ

桂川ミニバスケットボール

福岡県嘉穂郡桂川町で活動するミニバスケットボールチームです